東日本大震災撮り続ける写真家 CF募る 未来の命救う写真集に 四万十市出身 仙台の木戸さん /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「前を向くきっかけになれれば」と写真集出版を目指す木戸さん=四万十市具同で2021年4月5日、上野力撮影
「前を向くきっかけになれれば」と写真集出版を目指す木戸さん=四万十市具同で2021年4月5日、上野力撮影

 東日本大震災の被災地を撮り続けている四万十市出身の写真家、木戸孝子さん(50)=仙台市在住=が、撮りためた作品を写真集として出版するための支援をクラウドファンディングで募っている。震災から10年がたち復興が進む中だからこそ、「より多くの人に見てほしい」と願う。【上野力】

 東日本大震災では木戸さんも仙台市で被災した。自宅マンションの電気、水道、ガスが止まり生活が混乱する中、友人の写真家が被災地取材のため訪ねて来た事をきっかけに、地震発生から4日後には友人に同…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

あわせて読みたい

注目の特集