総務相、フジ認定取り消さず 外資規制違反 対応に疑問の声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 武田良太総務相は9日の閣議後記者会見で、フジテレビを傘下に置く「フジ・メディア・ホールディングス(HD)」が2014年3月までの約2年間、議決権の外資比率が20%を超える放送法違反状態にあった問題を巡り、同社の放送持ち株会社認定を取り消す考えはないと表明した。「過去に外資規制違反があったことは遺憾であり、重く受け止める」とも述べ、担当部署を設置するなど審査を強化する方針を示したが、対応を疑問視する声も出ている。

 フジ・メディアHDや総務省によると、同社が外資規制違反に気づいたのは14年9月。しかし、公表も、総務省への報告もせず、同社は違反状態が解消されたことを確認した14年12月になって同省に相談。同省は処分を見送り、口頭注意で済ませた。

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1241文字)

あわせて読みたい

注目の特集