ワクチン接種券に会場、予約方法記載なし 問い合わせ殺到 仙台

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
仙台市が65歳以上の高齢者27万人を対象に送付したワクチン接種券。お知らせのチラシ(左)には予約日時や場所が空欄になっている=仙台市で2021年4月9日、神内亜実撮影
仙台市が65歳以上の高齢者27万人を対象に送付したワクチン接種券。お知らせのチラシ(左)には予約日時や場所が空欄になっている=仙台市で2021年4月9日、神内亜実撮影

 新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、仙台市内の高齢者に接種券が届いた1日以降、市のコールセンターに問い合わせが殺到した。接種場所や予約方法の記載がないためで、多い日には3000件を超える問い合わせがあったという。

 接種券は2021年度に65歳になる人も含め、約27万人に送付された。

 市はコールセンターを3月16日に開設。3月中(土日を除く12日間)の問い合わせは計387件だったが、4月に入って急増し、1日から9日正午までの問い合わせは計1万4440件に上った。大半が「予約はいつからできるのか」「どこで接種できるのか」といった内容だという。

 市ワクチン接種推進室によると、国から供給されるワクチンの量が不明なため、具体的な時期や会場が決まっておらず、接種券に予約方法などを記載できなかったという。担当者は「混乱なくワクチン接種ができるように準備を進めている。接種開始まで券を大切に保管してもらいたい」と呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文817文字)

あわせて読みたい

注目の特集