特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

高齢者向けワクチン、北海道で供給わずか6% 次の接種は未定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスワクチンが入った箱の中の温度を確認する配送センターの従業員=札幌市内の配送センターで2021年4月9日、土谷純一撮影
新型コロナウイルスワクチンが入った箱の中の温度を確認する配送センターの従業員=札幌市内の配送センターで2021年4月9日、土谷純一撮影

 高齢者向け新型コロナウイルスワクチンが9日、札幌市と北海道江別市に届いた。道内では今月中に全179市町村に配布される予定だが、対象約166万人のうちわずか約10万人分(およそ6%)に限られる。また、3月に先行接種が始まった医療従事者向けワクチンも約20万人のうち供給量は約7万人分(およそ35%)にとどまっている。今後の供給スケジュールは未定で、手探りの状況が続く。【源馬のぞみ、土谷純一、岸川弘明】

 札幌市では9日午前10時過ぎ、配送センターにワクチンがトラックで運び込まれた。作業員2人が銀色のコンテナを降ろし、ワクチンが入っている箱を取り出した。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文987文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集