島根・美郷町が「雲海予報」開始 公式サイトで最長10日先まで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
島根県美郷町が公式サイトで始めた雲海予報。最長10日先までの発生確率が示されている
島根県美郷町が公式サイトで始めた雲海予報。最長10日先までの発生確率が示されている

 島根県美郷(みさと)町は、雲海の発生状況を予測して知らせる「雲海予報」を始めた。町の公式サイト内で最長10日先までの予報をパーセンテージで公表している。「確率60~70%」が最も、「美しい雲海」が見られるという。

 予測システムを構築したのは、公立鳥取環境大(鳥取市)の重田祥範准教授(気象学)と建設コンサルタント「テクノシステム」(島根県出雲市)、同町の3者。テクノシステムが収集した町内の風速や気温、湿度のほか、町内の定点カメラのデータなどを基に重田准教授が分析、予測する。予報は、雲海の出やすい3~5月と9~12月に行い、毎週月…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

あわせて読みたい

注目の特集