橋田さん、名誉市民に 熱海市が追彰 「12月に打診、喜んで受諾」 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三原牧子秘書(左)が遺影を持つ橋田寿賀子さんに斉藤栄・熱海市長(右)から称号記と名誉市民章が贈られた=静岡県熱海市役所で2021年4月10日、梁川淑広撮影
三原牧子秘書(左)が遺影を持つ橋田寿賀子さんに斉藤栄・熱海市長(右)から称号記と名誉市民章が贈られた=静岡県熱海市役所で2021年4月10日、梁川淑広撮影

 熱海市は10日、市内の自宅で4日に95歳で亡くなった文化勲章受章者の脚本家、橋田寿賀子さんに名誉市民の称号を贈った。市制記念日の表彰式典で、秘書の三原牧子さんが代理人として、斉藤栄市長から称号記と名誉市民章を受け取った。

 表彰日前に対象者が亡くなったときは追彰することができるとする市表彰条例の規定…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

あわせて読みたい

注目の特集