熊本地震5年

残す、耳痛い教訓こそ 阿蘇市が記録誌発行 大和さん両親、巻末インタ4ページ /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大和晃さんの両親らへのインタビューで構成した震災記録誌を手にする熊本県阿蘇市職員の佐藤祐幸さん=同市役所で2021年3月31日午後3時49分、山本泰久撮影
大和晃さんの両親らへのインタビューで構成した震災記録誌を手にする熊本県阿蘇市職員の佐藤祐幸さん=同市役所で2021年3月31日午後3時49分、山本泰久撮影

 2016年4月の熊本地震で住民21人が犠牲になった熊本県阿蘇市が地震の記録誌を発行した。同市の自宅に帰る途中に阿蘇大橋付近の土砂崩れに巻き込まれて死亡した大学生の大和晃(ひかる)さん(当時22歳)の両親や、避難の先頭に立った住民、耕地復旧を支援した宮崎県日向市職員らのインタビューなどで被災からの5年間を振り返った。【山本泰久】

 大和さんの父卓也さん(62)と母忍さん(53)のインタビューは巻末の4ページにわたって掲載した。4月16日未明の本震後に連絡が取れなくなった息子の捜索を要請するため2人が何カ所もの役場や警察署を回ったことや、ボランティアの助けを借りながら自力で捜索を続け、4カ月後に谷底で遺体を発見するまでの経緯が克明に語られている。記事の中で2人は「危険と分かっていても自分たちで動くしかなかった事実がある。災害…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1063文字)

あわせて読みたい

注目の特集