特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

競泳 日本選手権 閉幕 池江4冠、完全復活

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子50メートル自由形で優勝して笑顔を見せる池江=宮間俊樹撮影
女子50メートル自由形で優勝して笑顔を見せる池江=宮間俊樹撮影

 東京オリンピックの代表選考を兼ねた競泳の日本選手権最終日は10日、五輪会場の東京アクアティクスセンターであり、男女の決勝9種目が行われた。女子50メートル自由形は、白血病で長期療養していた池江璃花子(ルネサンス)が24秒84で3年ぶり4度目の優勝を果たしたが、派遣標準記録(24秒46)は突破できず同種目での代表入りを逃した。池江は非五輪種目の50メートルバタフライも25秒56で制し、3年ぶりに4冠を達成した。

 男子50メートル自由形は中村克(イトマン東進)が21秒97で勝ち、50メートルバタフライで川本武史(トヨタ自動車)が23秒17の日本新記録で優勝した。

この記事は有料記事です。

残り1927文字(全文2210文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集