連載

影山貴彦のテレビ燦々

同志社女子大学メディア創造学科教授・影山貴彦さんがつづるテレビにまつわるコラムです。

連載一覧

影山貴彦のテレビ燦々

江口のりこの「ソロ活女子」にハマる 我が道を真っすぐ歩む姿がいい

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 「ついにこの日が来た」と喜んでいる。江口のりこが民放ドラマ初主演を務める連続ドラマ「ソロ活女子のススメ」(テレビ大阪系)が、2日深夜からスタートした。最高に面白い。「半沢直樹」(MBS系・2020年)で見せた元キャスターで隙(すき)のない大臣役も良かった。それでも、やはり江口はエキセントリックで少しアウトサイド、我が道を真っすぐ歩みつつユーモア漂う役柄がよく似合う。

 江口が演じるのは、出版社の契約社員・五月女恵。他人とはそつなく関わりつつ、ひとりの余暇、すなわち「ソロ活」をこよなく愛する女性だ。ひとり焼き肉などは序の口で、リムジン、動物園、水族館などもひとりでカッコよく満喫してしまうのだ。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文752文字)

あわせて読みたい

注目の特集