連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

日米合意25年 普天間、返還遠く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場=2021年4月6日、本社機「希望」から
沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場=2021年4月6日、本社機「希望」から

 日米両政府が1996年4月、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の全面返還に合意して12日で25年となる。「5~7年以内」とされた返還だが、県内移設が条件とされ、今も実現していない。市街地にある普天間飛行場の周辺住民は米軍機による騒音や事故に悩まされ、返還への市民の期待は冷めきっている。政府は米中対立を背景に「唯一の解決策」とする名護市辺野古への移設に固執するが、埋め立て予定海域での軟弱地盤発見などで工事は難航し、先行きはなお不透明だ。

この記事は有料記事です。

残り2727文字(全文2947文字)

あわせて読みたい

注目の特集