川で溺れた男児を助けようとした男性、遺体で発見 東京・板橋

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
警視庁=米田堅持撮影 拡大
警視庁=米田堅持撮影

 東京都板橋区蓮根の新河岸川で7日、溺れていた小学2年の男児(7)を助けようとして川に飛び込み、行方不明になっていた男性が11日、遺体で発見された。警視庁志村署によると、男性は都内に住む40代の会社員で、同日午前6時20分ごろ、現場から約3キロ離れた北区浮間の荒川で浮いている男性を、モーターボートに乗っていた人が発見した。通報を受けた警視庁などが引き上げたが、死亡が確認された。死因は水死とみられる。

 男児を助けるため、通りがかりの男性2人が川に飛び込んでいたが、もう1人は自力で岸に上がっていた。男児は7日、約100メートル下流の水中から救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。【南茂芽育】

あわせて読みたい

注目の特集