宝塚市長に山崎晴恵氏が初当選 2代続けての女性市長は3例目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
勝利を決めて喜ぶ山崎晴恵氏(中央)=兵庫県宝塚市小林で2021年4月11日午後11時25分、中村清雅撮影
勝利を決めて喜ぶ山崎晴恵氏(中央)=兵庫県宝塚市小林で2021年4月11日午後11時25分、中村清雅撮影

 任期満了に伴う兵庫県宝塚市長選は11日投開票され、無所属新人で弁護士の山崎晴恵氏(51)が、日本維新の会新人で元県議の門隆志氏(54)▽無所属新人で元県議の森脇保仁氏(68)=自民推薦▽無所属新人で元自治会長の末永弥生氏(54)――の3人を破り、初当選した。山崎氏は政界を引退する中川智子市長(73)=3期目=の事実上の後継者で、全国市長会によると、2代続けての女性市長の誕生は全国で3例目。投票率は42・65%(前回39・13%)…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

ニュース特集