米でトマトケチャップ不足 小袋入りがコロナで需要増、増産へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
持ち帰り用のハンバーガーとフライドポテトに添えられた米クラフト・ハインツの小袋入りケチャップ=ニューヨークで11日、共同
持ち帰り用のハンバーガーとフライドポテトに添えられた米クラフト・ハインツの小袋入りケチャップ=ニューヨークで11日、共同

 米国の外食業界が、ハンバーガーやフライドポテトに好んで使われるトマトケチャップの不足に悲鳴を上げている。新型コロナウイルス禍で持ち帰りや宅配の需要が急増し、小袋入りの製品が品薄に。ケチャップ最大手クラフト・ハインツは増産に乗り出した。

 多くの店が感染を避けようと、客が共同で使うボトル入りケチャップを卓上から撤去したところに、ワクチンの普及で客が戻り始めた。店内飲食の客にも個別に小袋入りケチャップを提供するようになり、品薄に拍車が掛かった。外食サービス関連企業のプレートI…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

あわせて読みたい

注目の特集