ホノルル線機内食で「気分は海外」 コロナで中止の遊覧飛行再開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 航空会社が新型コロナウイルスの影響で取りやめていた人気の遊覧飛行を3月下旬から再開し、乗客は「旅行をした気分で楽しめた」「感染が収束したら海外に行きたいという思いが強くなった」と特別なフライトを満喫する。全日本空輸は機体にウミガメの親子を描いた超大型機A380をフル活用し、ゴールデンウイークに成田空港発着で6回飛ばす。日本航空は「海外を感じる」遊覧飛行をシリーズ化し、5~10月にシンガポールやアメリカなどをテーマに6回の実施を計画している。

この記事は有料記事です。

残り1839文字(全文2062文字)

あわせて読みたい

注目の特集