普天間返還合意25年 裏切られた期待「何も変わらない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
シーミー(清明祭)のため米軍普天間飛行場内の先祖の墓を訪れ、手を合わせる人たち。基地内への立ち入りは年に1度、この時期しか許されていない=沖縄県宜野湾市で2021年4月11日午後0時53分、喜屋武真之介撮影
シーミー(清明祭)のため米軍普天間飛行場内の先祖の墓を訪れ、手を合わせる人たち。基地内への立ち入りは年に1度、この時期しか許されていない=沖縄県宜野湾市で2021年4月11日午後0時53分、喜屋武真之介撮影

 沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場の返還合意から12日で四半世紀がたった。太平洋戦争末期の沖縄戦時、住民が暮らしていた土地に米軍が建設した飛行場は今も返されず、フェンスの中には沖縄独特の「亀甲墓(かめこうばか)」が残る。近くの宜野湾市野嵩(のだけ)で暮らす電気工事業、大川千尋さん(66)は11日、米軍から立ち入りの許可を受け、今年も年1回だけの墓参を済ませた。「25年もたったのか……。返ってきてほしいが、期待を裏切られ続け、半分あきらめている」

 先祖崇拝の文化が根強い沖縄では旧暦の3月、墓前に親族が集まり、ごちそうを食べて先祖を供養するシーミー(清明祭)という風習がある。米軍基地内の亀甲墓はこのシーミーの時期に年に1日だけ墓参が許される。普天間飛行場は11日に立ち入りが許可され、353人が事前に申請した。

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1444文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集