トカラ列島・十島で地震相次ぐ 専門家「大きな地震含め警戒を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トカラ列島の悪石島=鹿児島県十島村で、本社ヘリから野田武撮影
トカラ列島の悪石島=鹿児島県十島村で、本社ヘリから野田武撮影

 鹿児島県南方のトカラ列島の十島(としま)村で、地震が相次いでいる。気象庁は9日午後11時から13日午後4時までに、震度4の揺れを5回など震度1以上を236回観測した。トカラ列島近海では、過去の群発地震で震度5強の揺れもあり、仲谷幸浩・鹿児島大特任助教(海域地震学)は「より大きな地震も含めて警戒が必要だ」と注意を呼びかける。

 気象庁によると、この間に悪石(あくせき)島(十島村)では震度4の揺れを5回、悪石島と小宝島(同)で震度3の揺れを計16回観測した。地震の規模を示すマグニチュード(M)は最大5・2だった。悪石島には78人、小宝島には68人が住んでいるが、けが人などはいないという。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文867文字)

あわせて読みたい

注目の特集