特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

震災語り部の10年を記録映画に 名古屋の学生、先輩から引き継ぎ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旧大川小を舞台にドキュメンタリーを作った(前列左から)西川采実さん、宇治原千尋さん、光田早耶香さんと栃窪優二教授=名古屋市千種区の椙山女学園大で2021年4月9日午後0時17分、川瀬慎一朗撮影
旧大川小を舞台にドキュメンタリーを作った(前列左から)西川采実さん、宇治原千尋さん、光田早耶香さんと栃窪優二教授=名古屋市千種区の椙山女学園大で2021年4月9日午後0時17分、川瀬慎一朗撮影

 椙山女学園大(名古屋市千種区)の栃窪優二教授(映像ジャーナリズム論)のゼミ生10人が、東日本大震災の被災者遺族の10年に迫ったドキュメンタリー作品を完成させた。歴代のゼミ生たちが10年にわたって取材した映像や最新の映像を編集した記録だ。震災による津波で児童・教職員84人が犠牲になった宮城県石巻市の旧大川小の記憶を語り継ごうと活動を続ける「大川伝承の会」共同代表の佐藤敏郎さん(57)に密着。新型コロナウイルス禍の中、紆余(うよ)曲折を経て完成にこぎ着けた学生らは「佐藤さんの思いを知ってもらい、防災に役立ててほしい」と呼びかけている。【川瀬慎一朗】

 栃窪教授は、元民放テレビ記者で、石巻市での勤務経験もある。震災翌月の2011年4月から年数回、同市を訪ね、延べ100日以上取材。ゼミではこれまでに、現場の映像を毎回5分にまとめた「震災シリーズ」など計100本以上被災地の様子を伝える作品を制作し、動画投稿サイトで公開してきた。

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1314文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集