東日本大震災

福島第1原発事故 処理水海洋放出、政府決定 2年後開始見通し 漁業者懸念強く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発の汚染処理水の処分について、政府は13日、関係閣僚会議を開き、放射性物質の濃度を国の放出基準より下げた後、海に流す方針を決めた。実際の放出は約2年後の見通し。風評被害が懸念されるため、東電は被害が確認されれば賠償するほか、政府・東電は漁業関係者らの意見を聞いて具体的な対策も検討していく。

 建屋内の地下には連日、壁のひびから地下水が入り込んでおり、溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)を冷やした水と混じって、放射性物質を高濃度に含む「汚染水」が発生している。それを、多核種除去設備「ALPS(アルプス)」のフィルターなどに通して濃度を下げてから、タンクにためている。

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1533文字)

あわせて読みたい

ニュース特集