「放課後ていぼう日誌」の切符販売 肥薩おれんじ鉄道 復興支援

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
放課後ていぼう日誌のキャラクターなどをデザインした「1日フリー乗車券」=肥薩おれんじ鉄道提供
放課後ていぼう日誌のキャラクターなどをデザインした「1日フリー乗車券」=肥薩おれんじ鉄道提供

 熊本県八代市と鹿児島県薩摩川内市を結ぶ肥薩おれんじ鉄道(八代市)が、漫画・テレビアニメ「放課後ていぼう日誌」の登場人物をあしらったオリジナルデザイン切符の販売を始めた。作品は、2020年7月の豪雨で被災し同鉄道も走る熊本県芦北町をモデルに描かれており、オリジナルデザイン切符の販売を復興支援につなげる。

 作品は「月刊ヤングチャンピオン烈」で17年から連載され、20年にはアニメ版がテレビ放送された。放送期間中の20年7月に九州豪雨が発生。同鉄道の線路内に土砂が流入したり、線路下の土砂が流出したりして計92カ所が被災し、一部区間で運休していた。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文668文字)

あわせて読みたい

注目の特集