特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「放射能水」から「処理された水」に NHKワールドが修正

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
英語表記の変更について伝えるNHKワールド JAPANのウェブサイト=同サイトより 拡大
英語表記の変更について伝えるNHKワールド JAPANのウェブサイト=同サイトより

 NHKの前田晃伸会長は13日、衆院総務委員会に参考人として出席し、国際放送「NHKワールド JAPAN」で、東京電力福島第1原発から放出される処理水の英語表記を、「放射能水」から「処理された水」に修正したことを明らかにした。前田会長は、適正に処理された水だと明確にするために修正したと説明し、「より正確な表現に努める」と述べた。足立康史議員(維新)の質問に答えた。

 NHKによると、番組は9日に放送。政府が福島第1原発にたまった放射性物質トリチウムを含んだ水を海洋放出する方針を固めたことを受け、テロップなどで処理水を「ラジオアクティブ・ウオーター(放射能水)」と英訳した。しかし、「処理されずそのまま放出されるような誤解を与えかねない」と外部から指摘があり、11日にサイト上で経緯を説明し、経済産業省などが用いる「トリーティッド・ウオーター(処理された水)」に差し替えたという。【稲垣衆史、松原由佳】

音好宏・上智大学教授(メディア論)の話

 NHKワールドは、独立した編集権を持つ報道機関として、政府の代弁者とはならないことが、国際的な信頼につながる。そこでは、政府の施策に対し、科学的に分析し、客観的に報道することが求められる。今回の場合、NHK側が自らより適切な表現に変更したと見るのが自然だろう。

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集