カプコン情報流出 米法人のVPN装置から侵入 在宅勤務に利用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ゲーム大手カプコン(大阪市)は13日、2020年に受けたサイバー攻撃について、テレワークで利用するVPN(仮想私設網)の旧型装置が起点となり、社内ネットワークに不正侵入されたとの調査結果を発表した。新型コロナウイルス感染拡大でVPNを利用する社員が増える中、米国の現地法人が予備として保有していた旧型装置が突破口にされたという。

 VPN装置は複数あり、米国の1台のみが旧型だった。20年10月にその装置が攻撃を受けて不正侵入され、内部データを盗まれた。11月には一部の機器が「ランサム(身代金)ウエア」と呼ばれるコンピューターウイルスに感染させられた。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文562文字)

あわせて読みたい

注目の特集