東芝・車谷社長辞任 後任に綱川前社長復帰

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
車谷暢昭社長=加藤美穂子撮影
車谷暢昭社長=加藤美穂子撮影

 東芝は14日、臨時取締役会を開き、車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が辞任を表明した。英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズによる東芝買収提案などを巡る経営陣の対立が背景にあるとみられる。後任には、前社長の綱川智会長が復帰した。

 車谷氏は「物言う株主」といわれる大株主のファンドとの関係が悪化し、2020年の株主総会では再任議案への賛成票が6割弱にとどまっていた。

 一方、CVCは6日付で東芝に対し、東芝株を2兆円規模で買い取って株式を非公開化する初期提案を行っていた。「物言う株主」の影響力を排除し、経営判断を早める狙いがあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文483文字)

あわせて読みたい

注目の特集