特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

ピンバッジ交換、ピンチ 海外客のいない東京五輪 愛好家「国際交流味わえぬ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オリンピックの記念ピンバッジを数十個つけたJさん手製のベスト。競技会場周辺に着て行けば、他の観客たちの人気者になれるという=東京都北区で2021年4月8日午後0時0分、土江洋範撮影
オリンピックの記念ピンバッジを数十個つけたJさん手製のベスト。競技会場周辺に着て行けば、他の観客たちの人気者になれるという=東京都北区で2021年4月8日午後0時0分、土江洋範撮影

 国籍を問わず誰でも参加できるオリンピック・パラリンピックの“非公式競技”がピンチだ。過去の大会では、世界中から集まった観客らが記念品のピンバッジを交換し合う「ピントレーディング(ピントレ)」が伝統的に行われてきた。しかし、コロナ禍の東京大会は100万人規模と見込まれていた海外客が来日できない。ピントレ歴23年の男性(79)=東京都北区=は「国際交流の魅力を味わえない」と肩を落とす。

 男性は海外の愛好家仲間から、Japanの頭文字を取って「J」の愛称で呼ばれている。Jさん宅の押し入れに詰め込まれた段ボールには、過去の大会の記念ピンが大切に保管されている。その数は4000個以上。大会関係者しか手に入らない非売品のほか、1920年代の大会や64年東京大会で作られた希少な物も。「言葉が通じなくてもピン一つで世界の人たちと友達になれる」。何十個もピンをつけた手製のベストを着てお祭りム…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文809文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集