連載

クロスロード

人には選択を迫られる時があります。最大のクロスロード(岐路)は何でしたか。

連載一覧

クロスロード

人生のとき 宇宙を超える転機 農業・ジャーナリスト 秋山豊寛さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自宅前の畑で夜空を見上げる秋山豊寛。この日は薄曇りで、星々がかすんで見えた=三重県大台町で
自宅前の畑で夜空を見上げる秋山豊寛。この日は薄曇りで、星々がかすんで見えた=三重県大台町で

 1990年12月、ソ連(当時)のロケットで宇宙へ行った日本人初の宇宙飛行士、秋山豊寛(とよひろ)(78)は、無重力状態の中で不思議な体験をした。

 太陽が地平線に現れ、光が視界に飛び込むと、きれいな音が聞こえる。光と音が一体化するような感覚は、地上では覚えがなかった。後に専門家から、無重力が身体や脳に与える影響ではないかと指摘された。

 宇宙に滞在した9日の間、秋山はTBSのジャーナリストとして精力的にリポートした。視聴率は30%を超えたこともあり、日本は宇宙ブームに沸いた。「だが」と秋山は言う。自分には「宇宙より大きな」人生の転機があった、と。

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1868文字)

あわせて読みたい

注目の特集