特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

熊本地震5年 犠牲者追悼式 あの日の悲しみ、消えない

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊本地震犠牲者追悼式で、遺族代表の言葉を述べる冨岡謙蔵さん=熊本県庁で2021年4月14日午前10時11分、津村豊和撮影
熊本地震犠牲者追悼式で、遺族代表の言葉を述べる冨岡謙蔵さん=熊本県庁で2021年4月14日午前10時11分、津村豊和撮影

 観測史上初めて最大震度7の激震に2度襲われ、震災関連死を含む276人が犠牲になった2016年4月の熊本地震は14日、発生から5年を迎えた。熊本県庁(熊本市中央区)で同日午前、県主催の犠牲者追悼式が開かれ、遺族や蒲島郁夫知事ら34人が鎮魂の祈りをささげた。

コロナ対策、ネット配信も 亡き父に救われた命 「古里のため力尽くす」

 追悼式は例年約350人規模で開催しているが、20年に続き新型コロナウイルス感染防止のため規模を縮小。閣僚ら県外からの来賓招待を取りやめ、出席者を地元関係者に限定する代わりに、初めて式の様子をインターネットでライブ配信した。

 「どんなに歳月がたとうとも、あの日の悲しみの記憶は決して消えることはありません」。遺族を代表して言葉を述べた熊本県嘉島町の造園業、冨岡謙蔵さん(58)の脳裏には激震の記憶が生々しく残っている。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文1073文字)

【熊本地震】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集