連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

住んでいる所の大雨リスク知るには? 気象庁HP「キキクル」 地図で危険度を色分け=回答・黒川晋史

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
気象庁のホームページで表示されるキキクルのイメージ=気象庁の資料から
気象庁のホームページで表示されるキキクルのイメージ=気象庁の資料から

 なるほドリ これから大雨に注意が必要な季節になるね。自分が住んでいる地域の危険性はどうやったら分かるのかな。

 記者 気象庁(きしょうちょう)が2017年に導入した「危険度分布(きけんどぶんぷ)」があります。土砂災害、浸水、洪水の危険度を地図上で5段階に色分けしてホームページ(HP)で示しています。避難に役立つ情報ですが、19年のアンケート調査では3割の人にしか知られていませんでした。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文744文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集