連載

ミニ論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

ミニ論点

東日本大震災 福島第一原発事故 処理水海洋放出決定 政策研究大学院大学・飯尾潤教授/筑波大・五十嵐泰正准教授

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

問われる説明能力 政策研究大学院大学 飯尾潤教授(政治学)

 最初に、政府がこの問題をどう位置づけるかという時点で失敗していた。丁寧な話し合いをしなかったことが問題を長引かせた。

 政治の世界には「ブレームアボイダンス」という言葉がある。「非難を回避する」という意味だ。安倍前政権は決定権を官邸に集中させていたが、このブレームアボイダンスに熱心だった。つまり、支持率に影響を及ぼすことはできるだけしたくない。

 なぜかというと、自民党の党内基盤が弱かった面があるからだ。国民の高い支持率を支えにして、党内をまとめていた。だから、支持率を失うことへの恐怖感がすごかったのでは。経済産業省側は政治力がないので決断の勢いが出てこない。官邸主導の弱いところだ。今回の政府の判断は、東京電力福島第1原発にあるタンクが満水になる期限が近づいてきたことが一番大きい要因だろう。菅義偉首相の決断力が大きい。ただ、うまくいくかは…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文890文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集