連載

感染症と闘う

病原体が体に侵入し、人の生命すら脅かす感染症。人類の脅威となった新型コロナウイルスを特集します。

連載一覧

感染症と闘う

新型コロナ ワクチン体験/下 医療従事者接種で信頼高める 米で勤務、安川康介医師に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米食品医薬品局は昨年12月、ワクチンの緊急使用を許可するにあたり開いた諮問委員会を、動画投稿サイトで公開した=ユーチューブから
米食品医薬品局は昨年12月、ワクチンの緊急使用を許可するにあたり開いた諮問委員会を、動画投稿サイトで公開した=ユーチューブから

 新型コロナウイルスの感染を抑え込むには、ワクチンの国民全体の接種率を高めることが課題だ。そのためにはより多くの人がワクチンの効果と副反応について正確に理解できることが必要で、国や医療機関による積極的な情報発信も求められる。米ワシントンの病院に勤務し、一足早く昨年12月と今年1月に米製薬大手ファイザー製のワクチンの接種を受けた安川康介医師(38)に、米国での取り組みから得られる教訓を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1301文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集