特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「五輪らしさ」赤信号 一般客規制、黙々聖火リレー 開幕100日前

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
公道での走行が中止された大阪府1日目、代替措置として用意された「太陽の塔」周回コースを走るタレントの森脇健児さん=大阪府吹田市で2021年4月13日午前11時半、滝川大貴撮影
公道での走行が中止された大阪府1日目、代替措置として用意された「太陽の塔」周回コースを走るタレントの森脇健児さん=大阪府吹田市で2021年4月13日午前11時半、滝川大貴撮影

 東京オリンピックの開幕まで、14日で残り100日となった。3月には聖火リレーがスタートし、開催に向けた準備も進められているが、コロナ禍が祝祭ムードを阻む。「五輪らしさ」を欠いたままで世紀の祭典は成立するのか。開幕までのカウントダウンが進んでいる。

 人影がまばらな園内を聖火が黙々と運ばれていく。時折響く拍手と声援も、うっそうとした木立に吸い込まれていく。

 大阪府の聖火リレーが13日、万博記念公園(吹田市)で始まった。コロナ感染者の急増を受け、府は7日に独自の警戒ランクで最悪の「赤信号」を点灯させ、府民に不要不急な外出の自粛を求めた。当初は18市町の計約40キロを巡る計画だったが、公園内3キロの周回コースに集約された。14日までの2日間で計約180人のランナーが約200メートルずつを走る。当日は一般客の出入りが規制され、観客はランナー1人につき家族…

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1502文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集