フィギュアスケート 世界国別対抗戦

男子 ショートプログラム ( SP ) 速報 = 2021年 4月15日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
男子SPの演技を終え、日本チームに向かって笑顔でポーズをとる羽生結弦=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)
男子SPの演技を終え、日本チームに向かって笑顔でポーズをとる羽生結弦=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)

100点超の異次元の戦い ネーサン・チェン首位、羽生2位

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は15日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で開幕する。初日はアイスダンスのリズムダンス(RD)、男女のショートプログラム(SP)が行われる。男子には、羽生結弦(ANA)と宇野昌磨(トヨタ自動車)が出場。羽生はシーズンベストとなる107.12点で2位。世界選手権3連覇のネーサン・チェン(米国)はこれを上回り、109.65点の高得点で首位に立った。宇野はジャンプが乱れて9位。日本代表は17年大会以来2大会ぶり3度目の優勝を目指す。

▶国別対抗戦 全競技の結果

▶男子フリー 羽生・宇野 vs チェンは

▶男子SPを写真で 決めポーズの羽生も

▶女子SP速報 シーズンベスト続々

▶女子フリー 紀平&坂本 vs ロシア勢

SP順位選手名SP得点(技術点、演技構成点、減点)
1ネーサン・チェン(米国)109.65(61.95、47.70)
2羽生結弦(ANA)107.12(59.27、47.85)
3ジェイソン・ブラウン(米国)94.86(48.31、46.55)
4ケビン・エイモズ(フランス)94.69(50.14、44.55)
5ミハイル・コリヤダ(ロシア)93.42(49.77、43.65)
6ロマン・サドフスキー(カナダ)89.61(48.56、41.05)
7エフゲニー・セメネンコ(ロシア)88.86(51.11、37.75)
8アダム・シャオ ヒム ファ(フランス)78.28(40.48、37.80)
9宇野昌磨(トヨタ自動車)77.46(35.91、42.55、-1.00)
10ダニエル・グラッスル(イタリア)67.32(32.67、36.65、-2.00)
11ナム・ニューエン(カナダ)66.89(30.64、37.25、-1.00)

▶ペアSP「りくりゅう」自己ベスト

▶大会名物の応援席 今年は?

▶アイスダンスRD速報

第1日の総合順位
総合順位国名合計ポイント
1ロシア49ポイント
2米国47ポイント
3日本42ポイント
4フランス26ポイント
5イタリア25ポイント
6カナダ23ポイント

※アイスダンスRD、女子SP、男子SPの合計

第2グループ終了

第11滑走 ネーサン・チェン(米国)

男子SPで演技するネーサン・チェン=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)
男子SPで演技するネーサン・チェン=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)

世界選手権3連覇を果たした21歳。GPファイナルは19年まで3連覇。5種類の4回転ジャンプを高い完成度で飛ぶ。幼少からの体操経験を生かした、軸のぶれないジャンプが特徴。名門イエール大に進学し、スケート練習と両立させてきたが、五輪を見据え休学を決断した。

男子SPで演技するネーサン・チェン=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)
男子SPで演技するネーサン・チェン=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)

曲は「デスペラード」より

ジャンプはすべて着氷。冒頭、連続ジャンプを予定していたが、単独の4回転フリップに。出来映え点は4点以上。2本目は、回転の速いトリプルアクセル。得点が1.1倍になる後半、4回転、3回転の連続トーループを決めた。ステップ、スピンとも、ギターに合わせたスピード感あふれるものに。ほぼノーミスの圧巻の演技をみせた。

得点:109.65(技術点61.95、演技構成点47.70)

ネーサン・チェンもシーズンベスト。羽生が持つ世界最高得点111・82点に迫る高得点で首位。

▶「エキシビションのような感じだった」


第10滑走 羽生結弦(ANA)

男子SPで演技する羽生結弦=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)
男子SPで演技する羽生結弦=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)

26歳。昨年12月の全日本選手権では、圧巻の演技で5年ぶり5回目の優勝を果たした。20年の4大陸選手権で初優勝し、男子で初めてジュニア、シニアの主要国際大会を全制覇。五輪2連覇後も進化を続ける。今シーズンは、新型コロナウイルスの影響で、拠点のカナダではなく国内で練習を続けてきた。3月の世界選手権はフリーで苦しみ3位。今大会は「みんなが元気になる演技を」と意気込む。

男子SPで演技をする羽生結弦=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)
男子SPで演技をする羽生結弦=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)

曲は「Let Me Entertain You」

冒頭、高さのある4回転サルコウで4点以上の出来映え点。会場は手拍子。2本目も4回転、3回転の連続トーループを余裕もって決め、これも4点以上の加点がついた。ラストのトリプルアクセルは着氷でバランスを崩したがこらえた。指先まで意識したスピン、ステップはすべてレベル4。ラストまで躍動感ある演技をみせた。会場は総立ち。

得点:107.12(技術点59.27、演技構成点47.85)

シーズンベストの超ハイスコア。今日初の100点超えで暫定トップ。

■羽生結弦のコメント

(会場のアナウンスを)聞かないつもりだったけど、(宇野)昌磨の点数が聞こえて、おぉっと思って。きっと昌磨は大変だったと思うけど、このリンクに力を置いてくれたと思うので、力を信じて頑張った。ショートは貢献できたと思う。プログラムに自分の人生を重ねているフリーでしっかり戦い抜きたい。


第9滑走 宇野昌磨(トヨタ自動車)

男子SPで演技する宇野昌磨=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)
男子SPで演技する宇野昌磨=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)

23歳。大会5連覇を狙った昨年12月の全日本選手権は、羽生結弦に続いて2位。19年大会では「スケート人生最大の目標」だった羽生結弦を初めて破った。昨シーズン途中から、元世界王者のステファン・ランビエルコーチのもとでスイスを拠点に練習。18年平昌五輪銀メダリスト。3月の世界選手権は4位。フリーでは、2年前の大会でも挑戦しようとした大技「トリプルアクセル―4回転トーループ」投入予定。平昌金銀コンビで日本を2年ぶりVへ導きたい。

男子SPで演技する宇野昌磨=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)
男子SPで演技する宇野昌磨=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)

曲は「Great Spirit」

ランビエルコーチとグータッチでリンクイン。会場は大きな手拍子で宇野を後押し。しかし、ジャンプが振るわず、冒頭の4回転フリップは着氷が乱れた。2本目は、4回転からの連続ジャンプを予定していたが、1本目の4回転トーループで転倒。ラストのトリプルアクセルもバランスを乱した。終盤はやや疲れも見えた。演技後は手を合わせ謝るしぐさ。

得点:77.46(技術点35.91、演技構成点42.55、減点-1.00)

まさかの暫定7位。

■宇野昌磨のコメント

足引っ張ってしまった。滑る前から不安要素あって、すべて悪いイメージ通りになってしまった。フリーはもうちょっとましな演技をしたい。


第8滑走 ジェイソン・ブラウン(米国)

男子SPで演技するジェーソン・ブラウン=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)
男子SPで演技するジェーソン・ブラウン=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日(代表撮影)

代名詞は高さのある美しいバレエジャンプ。女子にも到来しつつある4回転時代に、4回転なしでも質の高い演技で高得点をマークしてきた。3月の世界選手権では、ついに4回転に挑戦し、7位。親日家で日本語も勉強している。

曲は「Sinnerman」

完成度の高い美しい演技を見せた。余裕あるジャンプに、ステップ、スピンでもソウルフルな疾走感ある曲に負けない躍動感ある演技で、観客を引き込んだ。

得点:94.86(技術点48.31、演技構成点46.55)

シーズンベストで暫定1位。


第7滑走 ケビン・エイモズ(フランス)

男子SPで演技をするケビン・エイモズ=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日、AP
男子SPで演技をするケビン・エイモズ=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日、AP

19年GPファイナル3位。3月の世界選手権は9位。

曲は「Indigene」「Gorilla et Kabila」

冒頭は高さのある4回転、3回転の連続ジャンプ。特徴的なリズムの曲に合わせ、軽快な演技をみせ、ラストは手をつかない側宙を見せ、会場をおどろかせた。

得点:94.69(技術点50.14、演技構成点44.55)

シーズンベストのハイスコアにフランスチームも大喜び。暫定1位。


第6滑走 ダニエル・グラッスル(イタリア)

19歳。3月の世界選手権は12位。フリーでルッツを含む3種類の4回転に挑戦。「道化」に切り替わる演出でも見せた。

曲は「Dig Down」

冒頭は、大技の4回転ルッツからの連続ジャンプだったが転倒。続く単独予定だった4回転フリップを連続ジャンプにしてみせたが回転不足がついた。最後のトリプルアクセルは転倒してしまったが、柔軟性を生かしたスピンなどを見せた。

得点:67.32(技術点32.67、演技構成点36.65、減点-2.00)


▶直前練習 羽生ノーミス

ここまでの暫定順位

1位 ミハイル・コリヤダ(ロシア)

2位 ロマン・サドフスキー(カナダ)

3位 エフゲニー・セメネンコ(ロシア)

第1グループ終了

第5滑走 ナム・ニューエン(カナダ)

昨シーズンは、GPシリーズでスケート・カナダ2位。2019年四大陸選手権6位。

曲は「Blues for Klook」

冒頭のジャンプでの転倒やスピンでバランスを崩す場面もあったが、渋いジャズのメロディに合わせ、滑らかなスケーティングをみせた。

得点:66.89(技術点30.64、演技構成点37.25、減点-1.00)


第4滑走 ミハイル・コリヤダ(ロシア)

男子SPで演技をするミハイル・コリヤダ=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日、AP
男子SPで演技をするミハイル・コリヤダ=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月15日、AP

昨シーズンは副鼻腔炎の治療のため休養していたが、今季GPシリーズ・ロシア杯、ロシア選手権で優勝。世界選手権は18年大会3位、3月の大会では5位。

曲は「Let's Get Loud」

軽快なリズムに合わせ、冒頭の4回転、3回転の連続トーループをはじめ、ジャンプはすべて成功。ステップ、スピンはすべてレベル4を獲得し、力強い演技を見せた。

得点:93.42(技術点49.77、演技構成点43.65)


第3滑走 アダム・シャオ ヒム ファ(フランス)

19~21年のフランス選手権2位。

曲は「スター・ウォーズ」より

得点:78.28(技術点40.48、演技構成点37.80)

キスアンドクライは「スター・ウォーズ」の世界観に合わせ大盛り上がり。


第2滑走 ロマン・サドフスキー(カナダ)

20年カナダ選手権優勝。19年GPシリーズNHK杯3位。

曲は「Exogenesis Symphony Part Ⅲ」

得点:89.61(技術点48.56、演技構成点41.05)


第1滑走 エフゲニー・セメネンコ(ロシア)

17歳。今季GPシリーズロシア杯は6位。3月世界選手権は8位。

曲は「Criminal St. Petersburg」より

得点:88.86(技術点51.11、演技構成点37.75)


▶ユヅスマイル 公式練習はリラックス

▶羽生結弦「演技で何かを残したい」

男子SP滑走順

<第1グループ>

第1滑走 エフゲニー・セメネンコ(ロシア)

第2滑走 ロマン・サドフスキー(カナダ)

第3滑走 アダム・シャオ ヒム ファ(フランス)

第4滑走 ミハイル・コリヤダ(ロシア)

第5滑走 ナム・ニューエン(カナダ)

第6滑走 ダニエル・グラッスル(イタリア)

<第2グループ>

第7滑走 ケビン・エイモズ(フランス)

第8滑走 ジェイソン・ブラウン(米国)

第9滑走 宇野昌磨(トヨタ自動車)

第10滑走 羽生結弦(ANA)

第11滑走 ネーサン・チェン(米国)

あわせて読みたい

注目の特集