特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

ミャンマー暦の新年祝う連休始まる 国軍への静かな抗議続く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、国軍のクーデターに抗議する人々=3月10日、AP 拡大
ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、国軍のクーデターに抗議する人々=3月10日、AP

 ミャンマーは、ミャンマー暦の新年を祝う1週間の連休「ティンジャン」に入った。例年は市民が屋外で水を掛け合う盛大な祭りが各地で催される。だが今年は、国軍による弾圧の犠牲者に哀悼の意をささげるため、自粛が呼びかけられている。

 今年の祝賀期間は13~19日。例年、祭りに参加する人々で街はにぎわうが、今年は人通りもまばらだ。一方で市民らは、祭りで用いる植木鉢に抗議の意思を象徴する「3本指」の絵を描き込むなどして、国軍に対する静かな抗議を続けている。【石山絵歩】

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集