韓国大統領 国際海洋法裁判所に暫定措置要求も 処理水放出巡り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
韓国の文在寅大統領 拡大
韓国の文在寅大統領

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は14日の会合で、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水を海に流すと決めたことを踏まえ、国際海洋法裁判所に「暫定措置」を出すよう求めることや、提訴を検討するよう指示した。青瓦台(大統領府)の報道官が明らかにした。

 青瓦台関係者は、文氏が言及した暫定措置について「一種の仮処分申請だ」と指摘。「国際海洋法裁判所は、紛争当事者の利益を補ったり、海洋環境の重大な損傷を防いだりするために暫定措置命令を出すことができる」と説明した。

 文氏は同日、日本の相星孝一駐韓大使から信任状を受け取った後の懇談で「地理的に最も近く、海を共有する韓国の憂慮はとても大きい」と伝達。その上で「韓国政府と国民の憂慮をしっかり本国に伝えてほしい」と述べた。青瓦台報道官は「懇談の場での発言としては異例」と説明した。【ソウル坂口裕彦】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集