完成まで20年超「悲願の道路」開通へ 手賀沼観光への寄与期待

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
用地買収が遅れ整備が途中でストップしている千葉県我孫子市の手賀沼公園・久寺家線=千葉県我孫子市で2021年4月9日午後4時ごろ、橋本利昭撮影
用地買収が遅れ整備が途中でストップしている千葉県我孫子市の手賀沼公園・久寺家線=千葉県我孫子市で2021年4月9日午後4時ごろ、橋本利昭撮影

 用地取得が長引き完成が大幅に遅れていた千葉県我孫子市の市道「手賀沼公園・久寺家線」が2022年4月に開通する見通しとなった。都市計画道路の事業認可(1998年)から完成まで20年以上要した「悲願の道路」。国道6号からのアクセスが格段に良くなり、市は手賀沼の観光振興や市街地の渋滞緩和に期待を寄せている。

 沼のほとりにある同公園から北側のJR我孫子駅方面へのアクセスは「公園坂通り」と呼ばれる市道が利用されているが、幅員は約8メートルで歩道も狭く6号とのアクセスも悪い。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集