トリチウムがゆるキャラ化? 「がっかり」と批判も 復興庁が制作

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出決定を受け、復興庁が発表したチラシに登場するトリチウムのキャラクター=復興庁ホームページより
東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出決定を受け、復興庁が発表したチラシに登場するトリチウムのキャラクター=復興庁ホームページより

 東京電力福島第1原発の処理水を約2年後に海へ放出する政府の方針決定に合わせ、復興庁は13日夜、処理水に含まれる放射性物質トリチウムの安全性をアピールするチラシと動画を公開した。トリチウムをかわいらしいデザインで表現して「ゆるキャラ」のようなキャラクターになっているが、「あまりにも軽い」と批判の声も上がっている。

 チラシと動画では、トリチウムが雨水や海水、水道水、人体にも存在する▽体内に入っても蓄積されず水と一緒に排出される▽タンクから海に流す際は濃度を100倍以上に薄め、世界保健機関の飲料水基準の7分の1程度になる――ことなどを紹介。世界中の原子力施設で海や大気に放出されていることや、放出の際は第三者機関の協力に基づき検査し結果を公表することも説明した。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文862文字)

あわせて読みたい

注目の特集