特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

位置づけ失敗した処理水 飯尾潤氏「支持率失う恐怖感が影響か」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発で廃炉作業などを進める作業員ら。後ろは1号機の原子炉建屋=福島県大熊町で2021年2月12日、滝川大貴撮影
東京電力福島第1原発で廃炉作業などを進める作業員ら。後ろは1号機の原子炉建屋=福島県大熊町で2021年2月12日、滝川大貴撮影

 政府は13日、東京電力福島第1原発の処理水を海に流す方針を決めた。実際の放出は約2年後の見通し。政府の決定について、飯尾潤・政策研究大学院大学教授(政治学)は、前の安倍晋三政権が支持率への影響を気にして、長らく決定できなかったのではと分析する。【聞き手・塚本恒/科学環境部】

   ×   ×

 最初に、政府がこの問題をどう位置づけるかという時点で失敗していた。当初、どんなものを放出するのか、はっきりしなかった。各地の原発で放射性物質のトリチウムが排水されていることも、あまり表に出ていなかった。原発事故の直後から、十分で丁寧な話し合いをしなかったことが問題を長引かせた。

 しかし、最初の問題設定がうまくいっていたとしても、こういう話は最後に政治…

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1428文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集