特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

熊本地震5年 街並みは戻ったけど 前へ一歩ずつ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊本県益城町=2016年4月20日、兵藤公治撮影
熊本県益城町=2016年4月20日、兵藤公治撮影

 2016年4月の熊本地震では、2度の最大震度7を観測した激震が熊本県内各地でかけがえのない人の命を奪い、住まいや道路、橋、鉄道、文化財などを破壊した。5年前、恐怖に震えたあの暗闇から立ち上がった人たちは、前に向かって一歩ずつ歩みを進めてきた。最大震度7を2度観測した倒壊した熊本県益城町では住宅約3000棟が全壊、約3200棟が半壊。倒壊家屋の下敷きになるなどして20人が直接死し、25人が関連死した=熊本県益城町で2016年4月20日、兵藤公治撮影

倒壊家屋が撤去された町中心部では区画整理事業が進み、避難の迅速化などのため県道を拡幅して4車線化する工事が続いている=熊本県益城町で2021年3月14日、津村豊和撮影

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文821文字)

【熊本地震】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集