3密回避困難「宮島水中花火大会」打ち切り 半世紀の歴史に幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年の宮島水中花火大会で、次々と海上で打ち上げられる花火=広島県廿日市市で同年8月24日午後7時45分、山田尚弘撮影(長時間露光)
2019年の宮島水中花火大会で、次々と海上で打ち上げられる花火=広島県廿日市市で同年8月24日午後7時45分、山田尚弘撮影(長時間露光)

 世界文化遺産・厳島神社がある宮島(広島県廿日市市)沖で毎夏開催されてきた「宮島水中花火大会」の実行委員会は14日、大会の打ち切りを決め、半世紀近くの歴史に幕を下ろすことが決まった。4万~6万人の見物客がフェリーで島に訪れることによる事故防止や、新型コロナウイルス対策で「3密」を回避する方策を講じることが困難と…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

あわせて読みたい

注目の特集