本屋大賞の町田そのこさん「私の力じゃないと思っています」と感涙

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2021年本屋大賞を受賞し、笑顔を見せる町田そのこさん=東京都千代田区で2021年4月14日午後3時37分、小川昌宏撮影
2021年本屋大賞を受賞し、笑顔を見せる町田そのこさん=東京都千代田区で2021年4月14日午後3時37分、小川昌宏撮影

 2021年本屋大賞の大賞に「52ヘルツのクジラたち」が選ばれた町田そのこさん。14日、東京都内で行われた授賞式に出席し、時折涙ぐみながら喜びを語った。

 受賞のあいさつは以下の通り。

   ◇

 ええと、こんにちは、ええと町田そのこです。この度は素晴らしい賞をいただきましてありがとうございます。

 この「52ヘルツのクジラたち」は昨年の4月に刊行されました。昨年のちょうど今ごろなんですが、私は暗く荒れている海に小さな小さなクジラの赤ちゃんみたいなのを放流する想像をよくしていました。

 昨年の4月は新型コロナウイルスの感染拡大によって世の中が今よりももっともっと混乱していた頃でした。私もこれからどうなるんだろうという不安を抱えていまして、そんな時に無名に近い私の本が、果たしてどこまでがんばれるんだろうとすごく不安になっていたんだと思うんですけども。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文924文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集