特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

入管法改正案の反対署名4万筆超、NPOが提出 外国人保護訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
入管法改正案に反対する署名4万348筆を参院議員会館で入管庁職員に手渡した外国人支援などを行うNPO「POSSE」のボランティアら(左)=2021年4月14日、和田浩明撮影
入管法改正案に反対する署名4万348筆を参院議員会館で入管庁職員に手渡した外国人支援などを行うNPO「POSSE」のボランティアら(左)=2021年4月14日、和田浩明撮影

 国会で審議予定の出入国管理及び難民認定法(入管法)の改正案に反対するオンライン署名が4万348筆を超え、外国人支援をするNPO法人「POSSE」が14日、参議院会館で入管庁職員に提出した。署名簿を手渡したPOSSEの大学生ボランティアの岩本菜々さんは「一緒にこの社会で生きているメンバーを殺さないで」と外国人保護を訴えた。【木許はるみ/デジタル報道センター】

 署名は、クルド人コミュニティーのある埼玉県川口市で学習支援などをするPOSSEが2月20日からオンライン署名サイト「change.org」(チェンジ・ドット・オーグ)で展開。POSSEは、入管法改正案が退去命令を拒む人への罰則規定を設けていることなどを受け、「強制送還に応じない外国人を『犯罪者』とするもの」として、廃案を求めている。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文747文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集