原子力規制委、東電に改善命令 柏崎刈羽原発のテロ対策不備巡り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)のテロ対策に不備があった問題で、原子力規制委員会は14日、原子炉等規制法に基づき東電に改善命令を出した。命令を受け、核セキュリティー対策が改まるまで、東電は同原発での核燃料の移動が禁じられ、原子炉に核燃料を装着したり新たな核燃料を運び込んだりすることができなくなる。商用原発の違反により、規制委が改善命令を出すのは初めて。

 同原発では、規制委が3月に7号機の核燃料を装着するための手続きを保留しており、既に再稼働に向けた手続きが凍結されている。改善命令により、東電はより厳しい状況に立たされた。東電は今月7日、規制委に「命令には弁明しない」と回答していた。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文719文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集