目の水晶体はなぜ透明? オートファジーとは別のメカニズム解明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
透き通っているマウスの正常な水晶体(左)と混濁して白内障となったマウスの異常な水晶体=水島昇・東京大教授提供
透き通っているマウスの正常な水晶体(左)と混濁して白内障となったマウスの異常な水晶体=水島昇・東京大教授提供

 目の水晶体(レンズ)がうまく光を通すには、水晶体細胞の中の核や小胞体などの小器官が全て分解されて透明でなければならない。長年謎だったその仕組みを解明したと、東京大のチームが14日付の英科学誌ネイチャーに発表した。細胞内の小器官を分解する仕組みは、2016年にノーベル医学生理学賞の授賞対象となった「オートファジー」が知られているが、これとは別の働きだという。

 生物の細胞の中では、不要になった小器官がオートファジーによって分解され、新たな器官に再利用されて生命維持に役立っている。この仕組みに関わる遺伝子を特定し、分子レベルで解明した大隅良典・東京工業大栄誉教授はノーベル医学生理学賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文835文字)

あわせて読みたい

ニュース特集