特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Field of View

プールに浮かんだコントラスト 一発勝負の競泳代表選考

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子100メートルバタフライ決勝を制し、2位の長谷川涼香にたたえられ涙を流す池江璃花子(左)=東京アクアティクスセンターで2021年4月4日、梅村直承撮影
女子100メートルバタフライ決勝を制し、2位の長谷川涼香にたたえられ涙を流す池江璃花子(左)=東京アクアティクスセンターで2021年4月4日、梅村直承撮影

 プールに浮かんだ笑顔と落胆のコントラストは、はっきりとしていた。10日に閉幕した競泳の日本選手権。新型コロナウイルスの影響で1年延期となった東京オリンピックの代表選考を兼ねた大会は、まさに一発勝負だった。ある者にとっては輝かしく、ある者にとっては残酷にさえ映った。

 大会が1年延期にならなければ、白血病で長期療養していた池江璃花子(ルネサンス)がリレーメンバーで東京五輪代表に入ることはなかっただろう。昨年はもちろん、今年の出場ですら本人は「考えていなかった」。退院後から指導する西崎勇コーチは「私と池江選手の間で東京五輪を目指そうという話をしたことは一度もない」と明かす。

 1年前、池江は2024年パリ五輪出場を目指してプールにようやく入り始めた。東京五輪はおろか、周囲と同じメニューをこなすことすら難しかった。それが周囲や本人の想像を超える回復で、今大会は女子自由形とバタフライで4冠。「努力は必ず報われる」と涙ながらに語ったように、日々の積み重ねが結実した。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1258文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集