連載

終活ナビ

毎日新聞デジタルの「終活ナビ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

終活ナビ

遺産を妻、次に息子に継がせたい

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 Q 遺産を妻、次に息子に継がせたい

 再婚した妻には子がいません。私の資産は全て妻に残したいと考えています。妻亡き後の資産は、前妻との間にいる一人息子に承継させたいと願っています。遺言書を作成するといいのでしょうか。(70代、男性)

民事信託の契約を結び、確実に

 A 妻が生活に困らないよう、自宅不動産や金融資産など全資産を残してあげたいということですね。また、妻に残した資産の最終的な承継先をあなたの一人息子にしたいとの思いも持ってらっしゃる。それでは財産の承継先を、次の次まで指定できる方法を考えましょう。

 あなたが作成する遺言書は、息子の遺留分を侵害しない範囲で妻に相続させる内容となり、妻の財産を承継する先まで指定することはできません。そこで、妻の残した財産を一人息子が承継する旨の遺言書を、妻が作成する必要があります。遺言は自ら自由に撤回できるため、妻が書き直す可能性は否めないという点が不安要素になります。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文1015文字)

あわせて読みたい

注目の特集