小南満佑子 ミュージカル「アリージャンス~忠誠~」出演 揺らぐ心、旋律に込め

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「こんな歴史があったことを知りませんでした。語り部としてキャスティングしていただいたことに感謝しています」

 第二次大戦中の米国で、約12万人の日系人が強制収容所へ送られた。米国への忠誠心を問う調査を受け、「No」と答えると敵性外国人として扱われ、過酷な生活を強いられた。

 ミュージカル「アリージャンス~忠誠~」は、そんな負の歴史をベースに家族の愛情を描いた物語。2015~16年、ブロードウェーで上演され評判に。本公演は日本人キャストによる初上演で、日系人のサミー・キムラ(海宝直人)と敵対する立場を超えて恋仲になる看護師、ハナ・キャンベルを熱演する。登場人物の中で唯一の米国人という難しい役どころだ。

 「自ら従軍看護師を志した強い女性。サミーと出会って日系人を差別することに疑問を持ち、考えが変わります。変化する様を伝えたい。『明るくて前向きなハナはシーンの要になる』と海宝さんや(サミーの姉ケイを演じる)濱田めぐみさんに言っていただきました」

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文1031文字)

あわせて読みたい

注目の特集