特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-菅井竜也八段 第43局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

長そう

 午後8時を過ぎたころ、現地の棋士らは「長そう」と口をそろえた。全5局の中では一番進行が遅い。終局が近い対局もあり、注目もそちらに。継ぎ盤がそれぞれ用意されていたが、本局はまだ本格的な検討はされていなかった。

 [後]2五桂(図)と跳ねられ「困ってますね」と佐藤。考慮中に残り時間も1時間を切った。[先]3三歩成に[後]3七歩成とされても自信がなかったという。苦しい時間が続く。

 [先]4五桂を指すと佐藤は退室してせき込んだ。対局中、佐藤はよく吐くようにせきをする。対局が終わるとケロッとなくなるため、ゴフっと音が聞こえると熟考しているのだと分かる。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文818文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集