フィギュアスケート 世界国別対抗戦

ペア ショートプログラム ( SP ) 速報 = 2021年 4月16日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
ペアSPで演技する三浦(左)、木原組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日(代表撮影)
ペアSPで演技する三浦(左)、木原組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日(代表撮影)

「りくりゅう」三浦・木原組、自己ベストで3位

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は第2日の16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪でペアショートプログラム(SP)とアイスダンスフリー、男子フリーが行われる。ペアには、三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が出場。自己ベストとなる65.82点で3位につけた。1位はロシアペア、2位はイタリアペア。三浦・木原組は結成2季目にして、3月の世界選手権で10位となり、北京五輪の日本出場枠「1」を獲得していた。

▶国別対抗戦 全競技の結果

▶ペアフリー「りくりゅう」は

▶男子フリー エース羽生「魂の舞」

▶女子フリー 紀平・坂本vsロシア勢

ペアショートプログラム(SP)順位

SP順位選手名SP得点(技術点、演技構成点、減点)
1アナスタシヤ・ミーシナ/アレクサンドル・ガリアモフ(ロシア)73.77(37.93、35.84)
2ニコル・デラ モニカ/マッテオ・グアリゼ(イタリア)66.09(34.05、32.04)
3三浦璃来/木原龍一(木下グループ)65.82(35.66、31.16、-1.00)
4アレクサ・クニエリム/ブランドン・フレイジャー(米国)65.68(34.72、31.96、-1.00)
5クレオ・アモン/デニス・ストレカリン(フランス)61.37(33.89、27.48)
6ロリー アン・マット/ティエリー・ファーランド(カナダ)54.91(28.91、27.00、-1.00)

▶写真で振り返るペアSP

▶男子SPは異次元の戦いに

▶アイスダンスフリー小松原組は

第2日時点の総合順位
総合順位国名合計ポイント
1ロシア91ポイント
2米国83ポイント
3日本78ポイント
4フランス56ポイント
5イタリア53ポイント
6カナダ42ポイント

※男子SP・フリー、女子SP、ペアSP、アイスダンスRD・FDの合計

▶大会名物 応援席の様子は

第2グループ終了

第6滑走 アナスタシヤ・ミーシナ/アレクサンドル・ガリアモフ(ロシア)

ペアSPで演技するロシアのアナスタシア・ミシナ(左)、アレクサンドル・ガリアモフ組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日(代表撮影)
ペアSPで演技するロシアのアナスタシア・ミシナ(左)、アレクサンドル・ガリアモフ組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日(代表撮影)

曲は「Esmeralda」

得点:73.77(技術点37.93、演技構成点35.84)


第5滑走 ニコル・デラ モニカ/マッテオ・グアリゼ(イタリア)

ペアSPで演技をするイタリアのニコル・デラ モニカ、マッテオ・グアリゼ組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日、AP
ペアSPで演技をするイタリアのニコル・デラ モニカ、マッテオ・グアリゼ組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日、AP

曲は「レット・イット・ビー」

得点:66.09(技術点34.05、演技構成点32.04)


第4滑走 三浦璃来/木原龍一(木下グループ)

ペアSPの演技を終え、拍手に応える三浦(左)、木原組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日(代表撮影)
ペアSPの演技を終え、拍手に応える三浦(左)、木原組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日(代表撮影)

曲は「ハレルヤ」

得点:65.82(技術点35.66、演技構成点31.16、減点-1.00)

自己ベストに抱き合って大喜び

第1グループ終了

第3滑走 クレオ・アモン/デニス・ストレカリン(フランス)

ペアSPで演技をするフランスのクレオ・アモン、デニス・ストレカリン組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日、AP
ペアSPで演技をするフランスのクレオ・アモン、デニス・ストレカリン組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日、AP

曲は「Kill of the Night」

得点:61.37(技術点33.89、演技構成点27.48)


第2滑走 アレクサ・クニエリム/ブランドン・フレイジャー(米国)

ペアSPで演技をする米国のアレクサ・クニエリム、ブランドン・フレイジャー組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日、AP
ペアSPで演技をする米国のアレクサ・クニエリム、ブランドン・フレイジャー組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日、AP

曲は「In the End」「Too Far Gone」

得点:65.68(技術点34.72、演技構成点31.96、減点-1.00)


第1滑走 ロリー アン・マット/ティエリー・ファーランド(カナダ)

ペアSPで演技をするカナダのロリー アン・マット、ティエリー・ファーランド組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日、AP
ペアSPで演技をするカナダのロリー アン・マット、ティエリー・ファーランド組=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日、AP

曲は「Awoo」

得点:54.91(技術点28.91、演技構成点27.00、減点-1.00)


▶女子SP速報 シーズンベスト続々

▶アイスダンスFDも速報

ペアショートプログラム(SP)の滑走順

<第1グループ>

第1滑走 ロリー アン・マット/ティエリー・ファーランド(カナダ)

第2滑走 アレクサ・クニエリム/ブランドン・フレイジャー(米国)

第3滑走 クレオ・アモン/デニス・ストレカリン(フランス)

<第2グループ>

第4滑走 三浦璃来/木原龍一(木下グループ)

第5滑走 ニコル・デラ モニカ/マッテオ・グアリゼ(イタリア)

第6滑走 アナスタシヤ・ミーシナ/アレクサンドル・ガリアモフ(ロシア)

あわせて読みたい

注目の特集