大学「9月入学」など時期多様化で一致 政府の教育再生実行会議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相官邸=2016年4月12日、本社ヘリから宮武祐希撮影
首相官邸=2016年4月12日、本社ヘリから宮武祐希撮影

 政府の教育再生実行会議の作業部会が15日に開かれ、大学において「9月入学」も含めた入学時期の多様化を進めるべきだとの考えで一致した。一方、高校以下は9月入学を導入すれば就学前教育に与える影響が大きいことなどを踏まえ、積極的には導入を求めない方向となった。5月にも菅義偉首相に提言する。

 入学時期の多様化は、留学生や社会人が大学で学びやすくするのが狙い。文部科学省によると、現在も入学時期は学長が決めることができ、2018年度は全国の大学の34・0%に当たる266校が…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集