富士フイルム、医療・材料に1.2兆円投資 21~23年度中計

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で中期経営計画を発表する富士フイルムホールディングスの助野健児・社長兼最高執行責任者(COO)=東京都港区で2021年4月15日午後3時3分、井川諒太郞撮影
記者会見で中期経営計画を発表する富士フイルムホールディングスの助野健児・社長兼最高執行責任者(COO)=東京都港区で2021年4月15日午後3時3分、井川諒太郞撮影

 富士フイルムホールディングスは15日、2021年~23年度の中期経営計画を発表した。3年間で1・2兆円を投資し、得意とする医療や高機能材料の事業を中心に成長を加速させる。20年以上にわたり経営のかじを取り、6月に退任する古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO、81歳)の路線を引き継ぐ形だ。

 21年3月期の連結最終(当期)利益は、医薬品事業が好調で、過去に投資した医療関連企業の株式売却益などもあり、過去…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

あわせて読みたい

ニュース特集