ハローキティが宮城・岩沼市の応援大使に 同じ「誕生日」が縁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
いわぬま50周年応援大使に就任したハローキティ(左)と宮城県岩沼市のマスコットキャラクター岩沼係長=岩沼市役所で2021年4月15日午前11時14分、面川美栄撮影 拡大
いわぬま50周年応援大使に就任したハローキティ(左)と宮城県岩沼市のマスコットキャラクター岩沼係長=岩沼市役所で2021年4月15日午前11時14分、面川美栄撮影

 11月に宮城県岩沼市が市制50周年を迎えるのを記念し、人気キャラクターの「ハローキティ」が15日、同市の応援大使に就任した。

 菊地啓夫市長から委嘱状を受け取ったキティちゃんは、市のマスコットキャラクター「岩沼係長」と手をつないでポーズを取り、さっそくPRに励んだ。

菊地啓夫宮城県岩沼市長(右)からいわぬま50周年応援大使の委嘱状を手渡されたハローキティ=岩沼市役所で2021年4月15日午前11時5分、面川美栄撮影 拡大
菊地啓夫宮城県岩沼市長(右)からいわぬま50周年応援大使の委嘱状を手渡されたハローキティ=岩沼市役所で2021年4月15日午前11時5分、面川美栄撮影

 岩沼市は1971年11月に岩沼町から市制移行。ハローキティの誕生日が同じ11月1日であることから、応援大使に選ばれた。菊地市長は「東日本大震災から10年の今年はステップアップの年。キティちゃんと一緒に盛り上げ、新たな飛躍ができれば」と話した。

 ハローキティは各地の観光大使などを務めているが、県内自治体とのコラボは初めて。来年3月末まで、記念グッズの作製やイベント出演などを予定している。【面川美栄】

あわせて読みたい

注目の特集