「衝動的に飲んだ」 授業中に飲酒、公立小教諭を減給処分 沖縄

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県教育委員会が入る県庁=遠藤孝康撮影 拡大
沖縄県教育委員会が入る県庁=遠藤孝康撮影

 小学校での授業中に酒を飲んだとして、沖縄県教育委員会は15日、沖縄本島南部の公立小学校の男性教諭(51)を、地方公務員法に基づき減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。教諭は「衝動的に飲んだ」と認め、反省しているという。

 県教委によると、教諭は2月22日と26日の2回、児童が個別の課題に取り組んでいる授業中に、教室の前方で酎ハイ1缶(350ミリリットル)を飲んだという。26日に目撃した児童が他の職員に伝え、発覚した。

 金城弘昌県教育長は「教育公務員としてあるまじき行為で決して許されるものではなく、大変遺憾だ。教職員の綱紀粛正と服務規律の徹底を図り、再発防止と信頼回復に努める」とするコメントを出した。【竹内望】

あわせて読みたい

注目の特集